ビール醸造所で働く愛犬家男性、犬用飲料を開発

ビールと犬を愛する米オレゴン州の男性が、犬のための飲みものを作り出した。

ベンドのボーンヤード・ブリュワリー (墓場醸造所) の試飲室で働くダニエル・キートンさんは、この犬用飲料を「ドーグ・グロッグ (Dawg Grog) 」と呼んでいる。

地元テレビ局KTVZによれば、ドーグ・グロッグにはアルコールは含まれていない。原料は野菜汁と穀物の絞りかすなどだそうだ。
ドーグ・グロッグの瓶は他の地ビールといっしょに地元特産品の店に並んでいる。

自分の犬ローラ・ジェーンにこの飲みものをやると、たいていは食器を舐めて空っぽにするとキートンさんは語った。
[PR]

by rock_blues_55 | 2013-01-16 15:39